空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例について | 加古川市周辺の不動産をお探しなら株式会社中谷不動産にお任せ下さい。

中谷不動産 中谷住宅

079-424-1829

営業時間9:30~18:30 定休日水曜日

日記
空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例について

今日は、加古川商工会議所の金融・不動産部会の例会で、「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」についての説明を、加古川税務署資産課税部門の前田様より解説いただきました。

こう書いただけだ、何のこっちゃって感じですよね、、、(-_-;)

 

これは親が亡くなって、親が住んでいた家や土地を相続した方がそれを売却した場合に、売った時に係る税金(譲渡所得)が安くなるってものなんです。

控除額は3000万円なので、売買価格-3000万円×税率 となります。

売買価格が3000万円より安い場合は譲渡税はかからないということですね。

 

お得なこの制度なのですが、適用要件があります。

★亡くなる直前まで親が一人で住んでいた

★家が昭和56年5月31日以前の建物

★建物は耐震リフォームが必要

★平成25年1月2日以降に相続が発生した

★亡くなってから現在までその家や土地を賃貸していない

★売買価格が1億円を超えていない   などです。

 

結構ハードルが高そうですが、古い家に親が一人で住んでいるという方は、ちょっと頭の隅にで置いておいてくださいね。

 

*税金つながりの時事ネタを一つ*

今年も日本人の受賞に沸くノーベル賞ですが、9,600万円と言われる賞金には税金がかかるでしょうか?

 

  答えは、「かからない」そうですよ(^_-)-☆

 

投稿日:2016/10/07   投稿者:柳田伊津美