住宅を売却したときの税金 | 加古川市周辺の不動産をお探しなら株式会社中谷不動産にお任せ下さい。

中谷不動産 中谷住宅

079-424-1829

営業時間9:30~18:30 定休日水曜日

日記
住宅を売却したときの税金

 

中谷不動産の柳田です。

 

今日は、住宅を売却したときにかかる税金のお話しです。

 

売却代金が購入金額より高い時に税金(譲渡所得税)がかかってきます。

つまり、購入金額の方が高ければ税金はかからないのです。

そこで、いくらで買ったかを証明するために、購入時の契約書や領収書が必要になります。


《もし、契約書や領収書を紛失してしまったらどうなるでしょう?》

 

購入した金額が不明な場合には売却額の5%を取得費としてみてもらえます。

売却額から取得費をひいた額に税率(購入後5年以上の場合20.315%、5年以内の場合39.63%)をかけた金額が税金となるのです。

 

例えば、

2,000万円で買った住宅を1,000万円で売却した時

 ☆契約書があれば・・・・税金がかからない

 ☆契約書がなければ・・・1,000万円×95%×約20%=約190万円(概算)

 

こんなにも違うのです!!

 

なので、住宅を購入された時は、契約書などは必ず大事にとって置いてくださいね。

 もしすでに紛失してしまっている方、救済の道はまだ残っています。

それについてはまた今度書きたいと思います(^.^)/~~~

 

投稿日:2016/10/15   投稿者:柳田伊津美