日記一覧 13ページ目 | 加古川市周辺の不動産をお探しなら株式会社中谷不動産にお任せ下さい。

中谷不動産 中谷住宅

079-424-1829

営業時間9:30~18:30 定休日水曜日

日記

 

 

おはようございます!週明けの月曜日、今日は朝からちょっと蒸し暑いですね。

 中谷不動産の柳田です。

 

今日は、賃貸で一生暮らしていく時の注意点など、考えてみたいと思います。

 

不動産情報誌などで、「あなたは賃貸派・持家派」という記事をみることがあります。

住宅ローンの場合、金利と頭金をどれだけ入れるかにより支払額は大きく変わってくるので、一概にはいえませんが、一生の支払額を比べると賃貸でも持家でも大きな差はないようです。

支払終わった後に、資産として家が残るかどうかという違いはありますが・・・。

逆に、子供には資産を残したくないという考えもありますよね。

 

家を買うのはリスクも大きいので、一生賃貸でいいと考える若い方も増えていると聞きます。

 

ただ、この頃思うことがあります。

 

当社には、賃貸住宅を探しに高齢の方も多くいらっしゃいます。

近くに子供さんやお孫さんがいらっしゃって、よく訪問いただける場合は問題ないのですが、

身内がいない方で、お一人暮らしの場合、借りていただくのが難しい場合があります。

保証会社の審査が通らないのです。

 

高齢になっても賃貸で住んでいただく場合の注意点として

①保証人を確保できるかということがあります。

賃貸契約では、保証人、保証人が無理な場合、少なくとも緊急連絡先になっていだだける身内の方が必要になります。

若い時は、親御さんやご兄弟さんがなってくださるので問題は少ないのですが、親や兄弟が亡くなった後、保証人がいないという問題が起きてきます。ですので、

高齢になってからも、子供や姪ごさん・甥ごさんなど身内の方と上手にお付き合いを続けていくことが大事だと思うのです。

 

もう一つ、当たり前のことですが、

②ずっと家賃を払っていけるか

ということもあります。

持家の場合、住宅ローンが完済すれば住宅費はかかりませんが、賃貸だと一生払い続けなければなりません。

将来は今の年金額より減額になることは明らかですので、

若いうちから個人年金や貯蓄など、家賃を払っていけるよう準備をしておくことも必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2016/09/12   投稿者:柳田伊津美

こんばんは、中谷不動産の柳田です。

 

今日は美味しいお鍋のお店の紹介です。

加古川町北在家にある、心地庵 朝熊

住宅地にある隠れ家のようなお店。

名前のように、ゆったりと心地よい時間が過ぎます。

写真は「海鮮レッドエーゲ海赤鍋」

新鮮な魚介と彩り野菜がなんとも美しい、ブイヤベーストマト鍋です。

 

梅ちゃんこ鍋もいただきましたが、ホントにおいしかったです(^_-)-☆

一日1組のみ、完全予約制ですので、お電話で確認してくださいね。

 

投稿日:2016/09/10   投稿者:柳田伊津美

おはようございます!中谷不動産の柳田です(タイトルなし) の画像

今朝は1ケ月に一回の、朝の大掃除の日!

早めに出勤し、皆でお店を磨き上げました(タイトルなし) の画像

 

今日は賃貸管理に関する話題です。

昨日のこと、

当社管理の貸家に入居されている方から、

「敷地内に猫が死んでいるんですけど・・・何とかしてもらえますか」とお電話です。

 

当社から加古川市役所に電話すると、「見に行くようします」との返事。

 

だいぶ以前のことですが、同じく猫が死んでいて、市に相談したところ

「敷地内の場合はご自分で処理してもらってるんです」と言われました。

死んだ動物はゴミとしての扱いということで、辛い気分になった覚えがあります。

 

でも今は、加古川市役所の環境第2課で対応して下さるようですね。

すぐ見に来て下さり、とても助かりました。

ありがとうございました(*^^*)

 

当社では共同住宅だけでなく、一戸建ての賃貸管理もしていますので、

空家をお持ちの方、自己管理をされているオーナー様、必要があれば

ご相談ください。

 

それでは、今日もよい一日をお過ごしください。

 

投稿日:2016/09/08   投稿者:柳田伊津美

こんにちは、(株)中谷不動産 売買担当の柳田です。

 

ことしも残り4ケ月になりました!

今年中に家を買いたいな、なんて思っていた方、

まだ間に合いますよ!ご相談くださいねビックリマーク



今日は、既存売買瑕疵保険、というお話し。

   なにやら、難しい言葉がつながっていますが・・・あせる


これは、中古住宅購入後の安心のためにつける保険です。


中古住宅は買った後の雨漏りやシロアリが心配って方、

多いと思います。


保険をつけておいたら、引き渡し後に発見された建物の不具合の

補修費用が保険でカバーされるんです。

ただ、保険に入るためには、建物診断を受けて

合格しておく必要があります。




2015年実績は、7823件、制度が創設された2010年以降で

最多だったそうです。



検査費用も少し安くなってきていますし、良い制度だと思いますので、

一度検討して見られてはいかがでしょうか。


加入できない場合もありますので、詳細はお尋ねくださいね音譜

 

それでは、今日も良い一日をお過ごしください。

 

 

 

投稿日:2016/09/07   投稿者:柳田伊津美

こんにちは!柳田です(^^♪

 

ブログが今までのアメブロから変更になりました。

ちょくちょく更新していきますので、のぞいてみて下さいね!

 

今日は、お隣さまとのちょっとした悩みのお話しです。

 

燐家の木の枝が越境してきて、自分の家の敷地に葉っぱが落ちて困る!なんて経験ありませんか。

 

当社でも、管理物件で時々悩むことがあります。

また逆に、ご近所様にご迷惑をかけていることがあるかもしれません。

 

こんな時、越境している部分のをちょこっと切ってしまいたい!って思いませんか?

でも、これは民法ではダメなんです。

土地というのは、その土地の上下にも所有権が及ぶというのがその考え方。

だから、お隣さんに「切ってください」って頼むか、「切ってもいいですか?」

ってお伺いを立てないといけないんですよ。

 

では、根っこが敷地内入ってきた場合はどうでしょうか?

   根っこは切ってもいいんですって!

ただ、法律ではOKでも、太い根っこを切ったために木が枯れてしまうことも

あるので、現実的には燐家に一声かけた方が無難ですね。

 

最後に、木にがなっている場合は、もいで食べてもいい?

   もちろん、ダメです。

   実が落ちていても、勝手に食べてはダメですよ!( ゚Д゚)

 

ちょっとしたことで、お隣さんと気まずくならないように、

お互いに声を掛けあっていくことが一番大切かもしれないですね(*^^*)

 

 

 

投稿日:2016/09/06   投稿者:柳田伊津美